床柱・銘木

無垢の家具.net ホーム › 床柱・銘木
ブラジルカリン
お問い合わせ


【科目】マメ科 属の広葉樹。環孔性散孔材
【産地】インドシナ半島(タイ、ラオス、ミャンマー、カンボジア)
【特徴】一般的に辺材は淡い黄白色、心材は赤褐色で、時に縞模様をもつ。木理は交錆、肌目も粗いため、仕上げ時に逆目が立ちやすく、塗装もやや難しい。やや軽軟で材質はシタンに劣るが耐朽性は大きい。他木との違いは狂いや割れが少なくなっており、供給量が満足とは言えません。色合い、つや、杢目とも美しい人気商品。
紫檀(シタン):パープルシタン
お問い合わせ


【科目】マメ科 属の広葉樹。環孔性散孔材
【産地】世界の亜熱帯に分布
【特徴】一般的に辺材は白色、心材は赤黒色で、しばしば赤褐色の縞模様をもっており、色調はかなり変化に富んでいる。木理は交錆し、肌目もやや粗い。重硬なため乾燥・加工性にやや難があるが磨くと美しい光沢がでる。耐朽性が極めて大。
杉:無地
お問い合わせ


【科目】スギ科 スギ属の常緑針葉樹
【産地】日本特有の代表的な樹種で、本州北部から南は屋久島まで生育する。人工植栽は北海道南部まで及び、その量は第一位である。
【特徴】辺心材の境目が明瞭で、辺材は白色で、心材は淡い紅色~濃い赤褐色、ときに色と材色に幅がある。木理は通直。肌目はやや粗く、特有の香気を放つ。脂気(やにけ)が少ない上、軟らかく軽いので加工しやすい。耐朽性は中程度。
杉:フシあり
お問い合わせ


【科目】スギ科 スギ属の常緑針葉樹
【産地】日本特有の代表的な樹種で、本州北部から南は屋久島まで生育する。人工植栽は北海道南部まで及び、その量は第一位である。
【特徴】辺心材の境目が明瞭で、辺材は白色で、心材は淡い紅色~濃い赤褐色、ときに色と材色に幅がある。木理は通直。肌目はやや粗く、特有の香気を放つ。脂気(やにけ)が少ない上、軟らかく軽いので加工しやすい。耐朽性は中程度。
杉:天然絞り面皮柱
お問い合わせ


【特徴】天然絞りとは、自然の状態で表面全体に細かくゆるやかなシワ(波状)の出来たものをいい、面皮とは皮の部分を5~6分残した柱で、それを塗装したものです。
紫檀(シタン):南米シタン
お問い合わせ


【科目】マメ科 属の広葉樹。環孔性散孔材
【産地】世界の亜熱帯に分布
【特徴】一般的に辺材は白色、心材は赤黒色で、しばしば赤褐色の縞模様をもっており、色調はかなり変化に富んでいる。木理は交錆し、肌目もやや粗い。重硬なため乾燥・加工性にやや難があるが磨くと美しい光沢がでる。耐朽性が極めて大。
杉:変木
お問い合わせ


【科目】スギ科 スギ属の常緑針葉樹
【産地】日本特有の代表的な樹種で、本州北部から南は屋久島まで生育する。人工植栽は北海道南部まで及び、その量は第一位である。
【特徴】辺心材の境目が明瞭で、辺材は白色で、心材は淡い紅色~濃い赤褐色、ときに色と材色に幅がある。木理は通直。肌目はやや粗く、特有の香気を放つ。脂気(やにけ)が少ない上、軟らかく軽いので加工しやすい。耐朽性は中程度。珍木である。
アサメラ
お問い合わせ


【科目】マメ科 属の広葉樹
【産地】アイボリー、ナイジェリア、ガーナ、カメルーン、コンゴ、など西部亜熱帯アメリカ。
【特徴】心材と辺材の色の差ははっきりとしている。心材は黄褐色、金褐色などで、濃色の縞が不規則に現れる。心材の色は時間の経過とともに濃褐色になっていく。辺材は淡黄白色である。肌目はやや精で木理は通直で浅く交差する。重硬な木材。耐朽性は非常に高い。加工は容易である。釘打ちの際割れる傾向がある。加工の際にでる細かい粉が眼の炎症をおこすことがある。乾燥には時間がかかるが、わずかの狂いがでる程度で操傷はあまりない。


ページトップへもどる